一般社団法人 国際カウンセラー協会が認めているトライカウンセラースクールは、認知行動学を土台にカウンセラーを作り出すことをモットーにしています。考え方や受け取り方を変えることにより、カウンセラー自身ストレスレスな考え方ができるようになる認知行動学を学べるカウンセリングスクールです。ストレスの多い社会では、心身不調が起きます。不調の原因は間違った思い込みからと考え、気づきから調和が生まれます。気づきを導くカウンセリングを目指す心理カウンセラーを育成します。

一般社団法人国際カウンセラー協会 トライカウンセラースクール

認知行動学による心理療法を行うカウンセラーを育成する

資料請求/お申込みフォーム

卒業生プロフィール

HOME卒業生プロフィール │ 土ヶ里 ひかり

土ヶ里ひかり

【都道府県】福岡県

はじめまして!土ヶ里ひかりです。

 

からだの声翻訳を学んでよかったことがあります。

〇不調が自分へのおしらせであるという事を知った事。

不調をただの余計な悪者だと思うと、

それを抑え込もう、消そうという考えになりがちなのですが、

おしらせだとわかると、不調が起こると自分が何かしらずれてるんだ!とわかるようになり、からだの不調と、心のもやもやも一緒に解決する事も増えました。

 

〇薬の前に、まずテキスト!

不調が持つ意味をテキストで確認する事を先にして、

それでも困った時に病院へ行くという流れが出来たため、

薬を飲むことがほぼ無くなりました。

医療費激減です!

 

〇家族の不調の意味がわかる=サポートがしやすくなる

家族の不調も身体的なケアだけでなく、

不調の意味がわかっていると、メンタルのサポートも、

しやすくなります。

基本的に私は口うるさくおこりんぼなので、不調の意味を知った事で、

それが少しセーブされているように思います。(二割減くらいですが^^;

 

〇副作用がない。アイテムいらず。

薬には、副作用のリスクが伴います。

からだの声翻訳は知識なので、試しても副作用はありませんし、

何かの道具を使わないといけないという事もありません。

これが一番気軽なとこかな?と思います。

 

この知識は一生もの。

長期で見ると実はコストは低いのです。

 

 

スカイプを使用しての講座となりますので、

 PC環境さえあれば全国どこからでも受講が可能です。  

 

詳細はHPをご覧ください。  



先生へのお問い合わせはこちら

PAGETOP