リード・カウンセリング・コース

感覚を研ぎ澄ませることによってビジョンが見える、知らせを知る事ができるようになります。本当の意味で認識を理解していきます。

リード・カウンセリングとは超意識存在を肯定し、自己判断の枠を超えた知識の部分を利用したコーチングと合わせたカウンセリング方法です。

悩みの全体像を知り、客観視し、必然を求めていきます。

大昔は科学もなく、全て神や仏の采配一つで、生死、病、運命も決められていたと信じられていました。そして、当時の人たちが持っていた超越した感覚は現在の科学や文明の発達によって使う必要がなくなり、退化していきました。カメラや電波などを使って自分の目で観なくても機械が映し出してくれる時代になりました。その為に鋭い感覚という部分を使う必要がなくなってきたからです。

雨の匂いを感じ取れば、もうすぐ雨が降ると判ります。しかし、雨が降る予想をテレビで放送されたら、特に雨の匂いなど気にせず傘を用意することでしょう。耳が痛ければ、何かの知らせかと思わずに、痛み止めを飲んで治ったと思い込んでしまいます。

要するに知らせという事に鈍感になってしまったといえるでしょう。

現在の医学も想いと病の関係性があることを認めています。

不安が無い人は痛みもないという事を科学者が説明しています。

病や痛みは心からという姿勢から心と身体をかつての感覚に戻して理解し、現実と照らし合わせ、心の修復をする上で、病を治すこともあり得るわけです。

そして悩みの原因や目標を見いだす一つの手段と言えます。

このリード・カウンセリングという手法を活かしながら、認知行動学に基づいた心理学との融合をしていくことで、クライアントの相談に向き合い、導けるように真実を見抜き、自己カウンセリングを含め自己解決できる力をつけるカウンセリングを目指します。

現在のカウンセリング学は本人が自身に目を向けるように誘導していくカウンセリングと変化しつつあります。短時間で克服する方法なので、注目を浴びています。

マスターすることによって心の自立をつくっていきます。

刷り込みや思い込みといった世界から、自らの力で判断し決断していく思考に変換していくことを目指します。

 

 

リードカウンセリングの特徴

初級・中級でマスターしていきます。

初級では呼吸法・植物・動物・感情などをテーマに練習を積み重ねていきます。

一章 ピュリファイ 浄化の方法 必要性

二章 テレパシーで確認

三章 リーディングしていくうえでの注意

四章 匂いのエネルギー

五章 視覚のエネルギー

六章 聴覚のエネルギー

七章 感覚のエネルギー

中級では人の心の中を理解していきます。なぜ人はあのような行動をするの?なぜ人はあのような言葉を言うの?といった疑問に答えられるようになってきます。

 

テキストは初級の続きになります。

章 性格

九章 動物 生き物

十章 身体

十一章 病気

十二章 ビジネス

十三章 人間関係

 

中級を卒業したら、いよいよ経営を主軸においた「実践コース」

リードカウンセリングをとにかく練習したい人向けの「ランランコース」

研究テーマを決めレポートを書いていく「ラボコース」

に分かれ、それぞれのリード・カウンセリング能力を磨いていきます。

グループレッスンで常に練習できる体制が整っています

リード・カウンセリング実践生がSkype上で開講している自主的な勉強会「グループレッスン」に参加し練習することで、培ったリード・カウンセリングの質を保つことができます。。1時間のグループレッスンを月に数回受けることができます。生徒さん同士の交流の場にもなっています。

レッスン開始までのご案内

お申込み・お問合せフォームからお手続き

 

コースについてご不明点があったり、コースを申込みをしたいときフォームからお問い合わせください。改めて事務局よりご連絡を差し上げます。受講には「国際カウンセラー協会」へのご入会が必要です。併せてご案内いたします。

 

 

お申込み・お問い合わせ
国際カウンセラー協会

レッスン開始

書類上の手続き・料金のお支払い等が完了しましたら、レッスン開始です。現地にてレッスンを受けることもできますが、遠方でも受講できるSkype-スカイプ-(インターネット電話サービス:無料)での受講が便利で人気です。Skypeをダウンロードして、自身のアカウントを取得しておきましょう。先生から呼び出しがあったら応答してください。

 

 

リード・カウンセリング受講者の声

自分自身、精神が自立しました

Fさん

リード・カウンセリングを習いはじめた頃、当時私はマイナス思考が強く、相手の気持ちよりも自分の思い込みや相手とのコミュニケーションを取るよりも避ける逃げるという精神状態でした。不安定なのを自分で立ち直る方法はないかと、まずは真実を知るとはどういうことかを学びたいと思ったのがきっかけでした。

実際に習ってみると、リード・カウンセリングは不思議なスピリチュアルな世界観イメージとは全く違い、現実的客観的なものの考え方捉え方をしていくものだと知りました。 レッスンでは気持ちや感情にとらわれず事実を確認しようとする態度姿勢が自然に必要となってくるので、実生活において冷静で健康な心の状態に持っていくレッスンだと思います。

また、リード・カウンセリングを習うことで、頭痛や不眠その他身体の様々な原因不明の症状の、心から起因している意味(からだの声翻訳家®)も思い当たるようになり、当時抱えていたそれら不調症状も全て解消されました。

当時リード・カウンセリングを習う前の精神状態と比べると、今では家族や周囲からも「とても前向きに変わった」「精神的に自立した」と言われるようにもなりました。

リード・カウンセリングは人生において気づかないままでいた自分の間違った考え方や態度を教わる心の学びだと思います。

人の相談事にも、広い視野で答えることができるように

Fさん

リード・カウンセリングをして、どういう風に自分が変わったかな?と考えてみました。まず、私はほとんど自分のことについては、リード・カウンセリングしません。

なので、他の人が困っていたり、悩んでいたりして、相談ごとがあったとき、リード・カウンセリングするということがほとんどです。

そうすると、自分のことを見るよりも、より集中してみますし、また、自分とは全然違う価値観の方に会ったり、 変わった人間関係を垣間見たりと、柔軟性が求められます。

それが実は、さまざまな視点から物事を見るというトレーニングになっていて、仕事にとても役に立っているなと思います。 そしてせっかく受け取ったメッセージを、伝えることも大切です。

必要以上に相手を傷つけたり、反発されたりせずに、いかに上手に伝えるかというのも、 コミュニケーションのよいトレーニングになると思います。

 

リード・カウンセリングするということは、他の人の心の柔らかい部分に触れさせてもらうことだと、私は思っています。 なので、できるだけ相手を尊重し、大切に扱うことが、とても必要だと感じています。

リード・カウンセリングを頻繁にするようになって、これらのトレーニングにより、より人間的に成長できたかなと思いますし、 また、物事を俯瞰で見てとらえることが、容易になったように思います。ちょっとのことでは、動じないでしょう(笑)

そして、特にリード・カウンセリングしていなくても、普段の生活で勘がよくなったというか、物や人から受け取る情報量が増えたように思います。

なので、うっかりそれまでしゃべってしまうと、ヘンな人に思われてしまうので、見たり聞いたりした情報と、 それ以外のルートからの情報と、分けて理解しないといけません。それが困ったことでしょうか(笑)

地に足がついて自分の性格も変化した

Hさん

私がリード・カウンセリングに興味を持ったのは、はすな先生のファンタジーあり、歴史上の人物あり、一般に言われている天然石の効果とは別のリード・カウンセリング内容、体の痛みなどの原因等々が盛り沢山のブログにたどり着いてからでした。次第に先生に一度リード・カウンセリングをしてもらいたいと思うようになり、聞きたいことが次から次へと出てきてキリがない!

それならば、いつでも知りたいことが聞けるように、自分で色々とリード・カウンセリングできるようになろう!と。習ってみて、自分のビジョン見え方にも衝撃でしたが、それ以前に浄化の呼吸が出来なくて正直泣きました^^;

(リード・カウンセリングは人によって、色んな見え方のパターンがあるようです。)

リード・カウンセリングを習うまでは、自分はいわゆるなんとな〜くのふわふわしたスピにハマっていたのだと思います。

それが、リード・カウンセリングを習ってからというもの、すっかり目が覚めました^^;地に足が着いた感じです。

知らないと怖いことがあることも沢山学びました。

考え方もそうですが、偏りが修正されていくので、以前とはガラリと変わったと自分でも思います。

リード・カウンセリングを習うことで、視野が広がるので、結果として私自身の性格もとても丸くなりました^^;

グループレッスンでの、他の生徒さん方との交流やリード・カウンセリングも、自分とはまた違った見え方で楽しいですし、とても勉強になります。

(スピ話等のぶっとんだ話も普段はほぼしないので、グループレッスンの中で、みなさんと話が通じるのがとても嬉しいです!ちなみにグループレッスンはSkypeなので、日本全国で繋がることが可能です。海外から参加されている方もいらっしゃいます!)

日々の身体への報せ等も本当に有難いと感じています。

病気の意味等もそうですが、リード・カウンセリングを習わなければ知り得なかったことが多々あり、今でも色んな発見があります。きっと、なんだかんだと一生のお付き合いになるのだろうなと感じています。

習おうと思った矢先の東北大震災で、どうなることかと諦めかけましたが、無事に通うことができた事に感謝です。ご縁を感じた方も他の理由でビビビッと来た方も、是非お気軽にお問い合わせくださいね!

心が気づくとからだの不調が治った

Aさん

以前より私は、この世には目に見えるものだけでなく目に見えないものも歴然と存在していると感じておりました。はすなさんのブログを知り、内容が面白く納得する部分も多かったので、始めは半信半疑、本当に分かるのかしら?と思いつつ、クライアントとしてリード・カウンセリングのお世話になりました。

何度か はすなさんに相談して毎回驚いたのが、話が(リード・カウンセリングで分かったことが)腑に落ちる、ということでした。

それまでに真実を求めて色々な占い師やチャネリング等に触れて来てましたが、どれも深く納得する事はなく偽物だと思うことが多々ありました。

ところがリード・カウンセリングの内容は腑に落ちるだけでなく、話を聞き心に気付きが起こるとと体の不調が改善してしまうのです。

これは本物かもしれない、それならば自分も学びたいと思いました。

リード・カウンセリングは霊感ではない、という所も始める動機として大きかったです。

実際にリード・カウンセリングを学ぶ前にセルフヒーリング講座を取りました。

そこで ポジティブシンキング。問題が起きた時に主観に囚われず客観的にみること。俯瞰してみることの大切さを学びました。

(私の悩みは自分の思い込みによるものが大きかったのです)

これはリード・カウンセリングする上で とても重要なポイントなので、先にセルフヒーリングを受講したお陰でスムーズにリード・カウンセリングを学べたと思います。

リード・カウンセリングをして何度も思わされる事は、

「リード・カウンセリングにはその人が表れる」です。

本当に自分の至らない点に気付くことが出来ます。そこを修正し、また取り組んでいく…

こんな謙虚なリード・カウンセリングというものだからこそ、神様に通じるのだと思います。勿論、変なものと繋がっていないかどうか正しいものを見る目も養っていけます。

これらはリード・カウンセリング上だけでなく、生活の上でも同じことです。スクールで学んでから確実に悩みが減り(捉え方が変わったので悩みとして受け止めない)、問題に対しても逃げない前向きな姿勢を意識する様になりました。間違った時には以前より早く軌道修正できるようになりました。

まだまだなので、これからも精進していきます。ありがとうございました。

考え方や世界の捉え方が変わりました。

Aさん

私がリード・カウンセリングに興味が湧いた切っ掛けは、はじめは石の意味からでしたが、石に限らず物にも自然にもすべて意味があるということが分かったからです。

実際に学ぶと人の人生で起きることにも意味があり、決して無意味な毎日を送っているわけではないのだと理解できるようになります。

それまでは都合の悪いことは見ないでおりましたが、その考え方がいけないことにも気が付き…客観的に自分を見つめることができるようになるのがリード・カウンセリングを学んで身に付くことかと思います。自分を理解したとき、周りの見え方も新鮮に感じるようになります。

気軽に始めて気軽にできるようになるような技術ではありませんが、考え方、世界の捉え方が格段に変化しますよ。

お問合せ・お申込みはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-479-7987

受付時間:10:00~18:00

※フォーム問合せは24時間受付中